レンタルサーバーとは?概要や種類・使い方を紹介します!

パソコン1

サイトを立ち上げる場合、サーバーが必要になります。自分自身でサーバーを作ることも可能ですが、レンタルサーバーを利用する人が多いです。レンタルサーバーを使う時には、目的に合ったものを選ぶといいでしょう。そこで、レンタルサーバーの概要や種類・目的に合った選び方・使い方などをご説明しますので、参考にしてみてください。

「安心して利用できるおすすめの法人向けレンタルサーバーを紹介」

レンタルサーバーとはどのようなもの?

サーバーとは、パソコンやスマートフォンからの要求に基づき、情報を提供できるコンピューターのことです。例えば、あるサイトを見たい場合、パソコンやスマートフォンを通じてサーバーにデータ提供の要求をします。そして、該当するデータをサーバーが提供して、サイトを閲覧できるのです。

サーバーを自分自身で構築することも可能ですが、立ち上げる際に高度な技術が必要で、継続的な管理をしなくてはなりません。一方、サーバーを借りることができるレンタルサーバーは、構築済みのものを借りるため、高度な技術が必要ないのです。

ホームページを公開する際、レンタルサーバー業者のサーバーに内容を転送します。そのホームページを閲覧するユーザーは、レンタルサーバー業者が運営しているサーバーへアクセスし、そのホームページの情報を閲覧できる仕組みです。

レンタルサーバーの種類を知ろう!

レンタルサーバーには「共用サーバー」「専用サーバー」「仮想専用サーバー(VPS)」があります。共用サーバーは、複数ユーザーで1つのサーバーを使うことです。レンタルサーバー業者と契約をして、手順通りに進めていけば、誰でもホームページを作成できます。

共用サーバーのメリットは、料金が安価なことです。サーバー利用料は利用者全員が負担するため、安い価格で利用できます。ただし、共用サーバーは他の人に迷惑がかからないように、さまざまな制約があります。個人の都合で設定を変更できないことが多く、自由度は低いでしょう。

専用サーバーとは、自分だけのサーバーを運用できるものです。自由度の高さが特徴で、共用サーバーよりも性能が高く、料金も高額になります。利用する時には、設定や運用方法を契約者自身が決めなくてはなりません。よって、専門的な技術が必要です。

ただし、レンタルサーバー業者によっては、専用サーバーの運用を引き受けているところもあります。レンタルサーバーによる専用サーバーは、自分でサーバー用コンピューターを用意しなくていいことがメリットです。サーバーを置くスペースや電気代の心配も少なくなります。

仮想専用サーバー(VPS)は、専用サーバーと共用サーバーが合わさったものです。1つのサーバーを複数人で使う点では、共用サーバーの特徴になります。しかし、契約者ごとの領域があり、専用サーバーとして使えるように区切られているのです。

設定は専用サーバーと同様の自由度があり、基本的に設定や運用は自分自身で行います。

「格安価格で利用できるレンタルサーバーに注目しよう!」

レンタルサーバーは目的に合わせて選ぶことが大切!

レンタルサーバーを選択する時には、運営するサイトの目的に合わせたものにすることが大切です。例えば、高画質の写真や動画を多く掲載する場合は、容量が大きいサーバーを選択するといいでしょう。一般的なサイト運営では、大容量にする必要はありません。

しかし、容量や機能によって、サイトを閲覧できる速度が遅くなることもあるので、注意が必要です。料金では、「初期費用は必要か」「月額料金」「更新費用の有無」などを確認しましょう。レンタルサーバー会社によって料金の幅が大きく、月額100円前後で使えるものもあれば、月額数万円のサーバーもあります。

レンタルサーバー業者からのサポート体制も重要です。トラブル時や不明点がある時には、すぐに電話などで対応してくれる業者が信頼できます。よって、メールサポートだけでなく、電話サポートの有無も把握しておきましょう。

また、利用者が多く、今までの実績があるレンタルサーバー業者は、信頼できます。そして、セキュリティ関連も確認し、安心して使えるかを判断しましょう。

レンタルサーバーの使い方1「選んだレンタルサーバーを契約する」

レンタルサーバーを使う時には、最初に契約をしていきます。レンタルサーバー業者の公式サイトにアクセスし、「申し込み」「契約」「お試し」などのページから始めましょう。レンタルサーバーは1週間~1ヶ月のお試し期間を設けている業者もあります。

また、利用方法や利用規約などを読み、十分に内容を確認することも必要です。申し込みフォームには、氏名や住所・会社名・メールアドレス・パスワードを入力します。仮登録や本登録など、契約の手順は業者によって異なりますが、本登録のURLへアクセスすると、自分が使えるサーバーへ辿り着けます。

レンタルサーバーの使い方2「独自ドメインの取得」

レンタルサーバーを契約した後は、そのドメインが利用できるようになります。しかし、与えられたドメインではなく、独自ドメインを取得することも可能です。レンタルサーバー業者によっては、独自ドメインの数を制限していることもありますが、基本的には自由に取得できます。

独自ドメインを取得するメリットは、世界に1つだけのサイトを作成できることです。URLに店名やキーワードなどを入れることもでき、集客にも効果があります。また、将来的にサーバーを移動させる場合、共用サーバーが終了してしまった場合を想定して、独自ドメインを取得しておくのがいいでしょう。

独自ドメインの取得では、「ドメイン名を登録する」「ドメインを関連付ける」「レンタルサーバー内で独自ドメインの利用を登録する」の3つを行います。最初に、ドメイン取得業者のサイトへアクセスし、ドメイン名を決めます。

ドメイン名の文字列は、好きな配列にしても構いません。ただし、すでに存在するドメイン名は利用できない場合があります。次に、ドメインの関連付けとして、ネームサーバーを設定することが必要です。どのサーバーで使うかをドメイン業者へ教えるため、ドメインを取得したサイトの管理画面でネームサーバーを設定します。

最後に、レンタルサーバー内で、独自ドメインの利用を登録すればいいのです。

レンタルサーバーの使い方3「サイトを作成し、運営する」

独自ドメインを取得し、レンタルサーバー内に登録した後は、自分のサイトを作成・運用できます。サイトを作る時には、「WordPress」「html」などを使って作成することが多いです。WordPressの利用にはデータベースが必要になるため、できない時にはhtmlでサイトを作成していきます。

WordPressのインストール機能が付いているレンタルサーバーもあるため、それを活用するのもいいでしょう。

レンタルサーバーの使い方を理解し、自分に合ったものを選択しよう!

レンタルサーバーを利用することで、自分自身でサーバーの準備をする必要がなくなります。サーバーの管理も業者がしてくれるため、安心してサイト運営ができるでしょう。レンタルサーバーを使う時には、最初に契約をすることが必要です。

その後は、目的に合わせて独自ドメインの取得やサイト作成をしてみましょう。これを参考に、レンタルサーバーの使い方を理解してみてください。

参考サイト『レンタルサーバーホームページ』 ... https://shared.gmocloud.com/